田舎暮らし格安物件の購入や賃貸の時期・アクシデント・注意点


「スポンサーリンク」





2018年6月24日日曜日

思い立ったが吉日やで~❣❣ さあ三浦半島で田舎暮らし物件でも探そうよ❣❣

富士山大噴火が起きても、首都直下大地震が起きても、原発大事故が起きても家族全員で必ず非難出来るシェルターを三浦半島の田舎暮らし物件とする


千葉県の南房総で田舎一人暮らしをしているが、6月14日に下からドン!、15日になったばかりの0時ごろ下からドン!、翌16日11時10分ごろヅシン!、そして11時23分ごろド!・ド!・ド!・ド!・ド!と、そして昨日も千葉県東南沖が震源の地震があったりして、大災害では絶対に安全だと信じている千葉県南房総でも、小さな地震とはいえ、こう頻繁に起きると何だか心配になってくる。

そう言えば、数年前に千葉県に紅葉に覆われた富士山が出現した夢を見たことがあるが、その折は小笠原諸島の西之島の噴火を予見した夢だったのかと思っていたが、まさか千葉県で噴火などは有り得ないですよね!?


「スポンサーリンク」



何はともあれ、今からでも早すぎると言うことはないので、身体が元気な内に、神奈川県三浦半島か、東京の奥多摩町か、千葉県南房総辺りに別荘を兼ねた家族全員で必ず非難出来るシェルターを準備される事を、老婆心ながらこのブログの読者様におすすめいたします。

東京オリンピック(パラリンピック)を控え、また民泊ブーム到来で首都圏の不動産価格も上昇傾向にあると思いますが、田舎へ行けば三浦半島を除けばまだまだ格安物件に遭遇出来るチャンスはあると思われます。

若い人には今からでも早すぎると言う事は無いし、もう手遅れだと思っているお方でも今からでも遅くは無いので、自分や家族の命を大切に思うのであればなおさら、また他人に迷惑をかけたくないと思っている人も含め、都内に住居をお持ちの方ならこの機会に、富士山大噴火が起きても、首都直下大地震が起きても、原発大事故が起きても家族全員で必ず非難出来る別荘を兼ねたシェルターを神奈川県三浦半島か、東京の奥多摩町か、千葉県南房総辺りに検討されてみてはいかがでしょうか?❣❣

「スポンサーリンク」






バラ



2018年4月23日月曜日

今からでも遅くはない東京の奥多摩町・神奈川県三浦半島・千葉県南房総の田舎暮らし物件(古民家格安物件など)の購入や賃貸

東京の奥多摩町・神奈川県三浦半島・千葉県南房総の田舎暮らし格安物件(古民家物件など)の購入や賃貸で家庭菜園


退職後、このまま都会暮らしを続ければ間違いなく拘束介護のお世話になる事が分かっているだろう老後の人生。

今からでも遅くはないので田舎暮らし物件(古民家格安物件など)の購入や賃貸で家庭菜園(有機栽培で無農薬)を楽しみながらの田舎暮らしを検討しよう。


「スポンサーリンク」



いよいよ明日から東京の奥多摩町・神奈川県三浦半島・千葉県南房総の田舎暮らし格安物件(古民家物件など)を本気で探そうと気合いを入れたその時、最近日本で起きている奇妙な出来事などが脳裏をよぎった。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◎◎【原発】と【農薬と化学肥料まみれの農業や家庭菜園】は似通っている◎◎

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎どちらも、身体に良い所が全く無い◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

以上が、明日から東京の奥多摩町・神奈川県三浦半島・千葉県南房総の田舎暮らし格安物件(古民家物件など)を本気で探そうと気合いを入れたその時に、脳裏をよぎった最近の日本の奇妙な現状です。

ただ、いくら身体に良さそうな田舎暮らしの家庭菜園(有機栽培で無農薬)でも、都会暮らしと同じ様にタバコをプカプカ、酒をガブガブ、霜降り牛肉やマグロのトロをガツガツなどを継続していたのでは、田舎暮らしや有機栽培で無農薬の家庭菜園の効能も殆ど望めないことぐらいは当たり前の事です。





ボケの花


2018年3月13日火曜日

今からでも遅くはない田舎暮らし物件(古民家格安物件など)の購入や賃貸

田舎暮らし物件(古民家格安物件など)の購入や賃貸で家庭菜園

退職後、このまま都会暮らしを続ければ、間違いなく拘束介護のお世話になる事が分かっている場合など、諦めてしまう場合と、諦めたくない場合とでは、次の行動は当然ながら異なる。

もしも、諦めたくないと思ったら、今からでも遅くはないので田舎暮らし物件(古民家格安物件など)の購入や賃貸を検討しよう。

そして、田舎暮らし物件(古民家格安物件など)の購入や賃貸で田舎暮らし物件(古民家格安物件など)を手に入れた暁には、家庭菜園(有機栽培で無農薬)に趣をおいた田舎暮らしを始めよう。


「スポンサーリンク」



無農薬で有機栽培の家庭菜園は、頭も使うし、身体も使う。

無農薬で有機栽培の家庭菜園から採れた作物は、化学肥料や農薬まみれの作物と比べれば、安全で身体に優しい食べ物と言える。

無農薬で有機栽培の家庭菜園は、一年中あれやこれややらなくてはいけない事柄が発生するので、一年中適度に頭や身体を使う事が出来る。

無農薬で有機栽培の家庭菜園は、食品スパーで購入すれば高額な無農薬の野菜や有機栽培の野菜を自家栽培出来る。

無農薬で有機栽培の家庭菜園は、食品スパーで購入すれば高額なスイカやトマトなども自家栽培出来る。

ただ、いくら身体に良さそうな家庭菜園(有機栽培で無農薬)に趣をおいた田舎暮らしを始めても、都会暮らしで身についたタバコをプカプカ、酒をガブガブ、霜降り牛肉やマグロのトロをガツガツを継続していたのでは、田舎暮らしの効能も殆ど望めないことぐらいは当たり前の事だと思います。

2013年8月14日水曜日

定年退職後の田舎暮らし物件購入や賃貸

定年退職後の田舎暮らし物件購入や賃貸の注意点やアクシデント

定年退職後の田舎暮らし物件購入や賃貸にはその時期といったものは無い。

強いて定年退職後の田舎暮らし物件購入や賃貸の時期を示すならば、思い立ったが吉日と言っておこう。

田舎暮らし物件(古民家など)の購入や賃貸は定年退職後と初めから決めていたのであれば、古民家などの購入・賃貸や田舎暮らしについて、時にふれ予習をされていただろうが、古民家など不動産の購入や賃貸には思いもかけない落とし穴とでも言うべきアクシデントが付きまとう。


「スポンサーリンク」



最近多い定年退職後の田舎暮らし物件の購入や賃貸で目立つアクシデントは、ちょっとした意見の相違から離婚にまで至るケースである。

やっと夫婦水入らずの機会が訪れようとしている矢先に、特に夫は周囲に誰も話し相手がいない空虚な環境に落とし込まれる。

古民家の購入にしろ賃貸にしろ、夫婦で相談すると思うが、くれぐれも短期で短絡的な発言には、特に夫は気を付けよう。

2013年7月24日水曜日

田舎暮らし物件の購入や賃貸の時期は独身時代が良さそう

田舎暮らし物件の購入や賃貸の時期は、基本的には田舎暮らしを始めたいと思った時が一番良いと思いますが、できるだけ若い内、しかも独身時代であれば、なお良いと思います。
特に、初めての田舎暮らしを始めたい場合は、前記の時期を逃さない事です。
子供の頃、田舎で育ったので何の心配もいらないと思っている場合も、出来れば早めに始めてください。
田舎といえども時代と共に、風習や仕来りも変化を遂げています。
年をとってからの田舎暮らしは、物件の賃貸でも購入でも、ブレない我が道を行くスタイルを基本に、田舎の近所から何を言われても動じず、自分が好きな様に生きる事が、田舎へ引越したメリットをより多く引出す手立てである事を忘れないで下さい。
図々しく生き抜く事は、賃貸物件であれ、購入物件であれ、田舎暮らしを成功に導く最も有益な近道だと思います。

2012年11月2日金曜日

田舎暮らし物件の購入や賃貸の時期は子供が小学生の頃

田舎暮らし物件の購入や賃貸の時期は子供が小学生の頃が良いと思う。
子供が小学生の頃は、購入や賃貸した田舎暮らし物件の古民家やリゾートマンションへついて来てくれる。